パッカー車の排出方法2種類の特長

パッカー車の機能に関する基礎知識

パッカー車は生活に大きく関係しています

パッカーについて、日常の生活において、それほど馴染みがない方が非常に多いでしょう。
そして、一体どういったことを指しているかまったくわからない人もいるかもしれません。
しかしながら、日々の生活の中でどんな人でも力になって貰っているといっても過言ではありません。
従って、十分理解することは重要といえます。


パッカー車と言いますのは、ものを詰め込む機械が実装されている車ということを意味します。
日本国内で実際的に例を挙げると、ゴミ収集車があります。
元来、パッカーと言いますのは、梱包、あるいは包み込むといった意味合いを持っています。
要するに、ゴミを積み込み持っていってくれるものを意味します。
荷物室の後側において回転駆動の部分がありまして、ゴミを荷室に小型化して詰め込む機能が実装されています。
それに加えて、集めたゴミをゴミ収集場にポジショニングするため、後部が非常に大きくオープンするようにもなっています。
因みに、アメリカ合衆国にはパッカーという製造メーカーがありトラックに限定して開発しています。
そのバリエーションの中にもがあり、それも源となってこうした名称で言われるようになったわけです。

パッカーの機能に関する基礎知識

パッカー車につきましては常日頃から盛んに見かけますが、その機能を知っている人はそれほどいません。
内部メカニズムは大まかに分けると、プレス式、回転板式、荷箱回転式の3タイプがあります。
プレス式に関しましては、ゴミを単発的に入れるタンク内部のゴミを、底部と前壁によって2段階にわけ圧することから、冷蔵庫、あるいは家具すらも粉砕する破壊力があります。
回転板式に関しては、圧縮及びかき込みが2枚ひとつひとつのプレートによって実施される種類です。
回転板によってかき上げたゴミを、ボディーへと叩き込みます。
プレス式と照らし合わせると圧縮する力は弱めに設定されていて、わが国では可燃ゴミ収集にて活用されています。
荷箱回転式については、回転ドラムを回しながらゴミを巻き込んで、積みます。
別のスタイルよりも能力が劣るためわが国ではそれほど見かけません。


パッカーの車は年を経るごとにパワーアップしています。
常日頃から駆け廻る車ですので、第一優先順位で考えられたのは周辺環境問題への活動です。
過去、ディーゼル車が多かったのですが、だんだんとハイブリッドや電気へのチェンジが起こっています。
とりわけ電気自動車においては、ゴミ焼却した熱を活用して充電するなど、エネルギー再利用もとり行われています。
加えて、次の世代のパッカーの車も出されています。
通常よりもゴミ圧縮率高くするなど性能を改善すると共に、テールランプをハイマウント化したりとか、安全性を有しながら、次の世代の機能を実現しています。

人気記事ランキング