パッカー車で取集したゴミの圧縮方法

パッカー車のゴミ圧縮形式3種類について

パッカー車の機能及び実行される業務に関して

パッカー車の主な呼び方について

パッカーとは、ごみ収集車のことを意味します。
パッカーというキーワードに関しては諸説あるわけですが、英文のpackが詰め込むといった主旨を有することが有力視される説です。
しかしながら、アメリカ合衆国では呼ばないため、基本的に1つの説になります。
または、トラック製造メーカーの名称からきた説などもあります。
ごみ車、或いはちり収集車などといわれる事もありますが、タイプや使途に違いはないことから、名称に違いがあるだけでしかありません。
その結果、収集所のゴミを圧して積み込む車であれば、パッカーと呼ばれています。

内部のメカニズムによる分類とは

内部のメカニズムによりましてタイプが3つに分かれます。
まず第一に、プレス式で、ゴミを投入口の手前及び奥で圧することが可能な車両になります。
ゴミを非常に細かく打ち砕いてから荷箱へ詰むことから、大きくないゴミはもちろん、とても大きなゴミや粗大ごみ収集も不可能ではありません。
2つ目は、回転版式と称され、別の名は巻き込み式ともいいます。
ゴミを重ねてひとまとめにしていく種類の車で、家のゴミにとどまらず、木くず、あるいは小枝の収集にフィットしています。
3つ目は、ロータリー式で、別の名は荷箱回転式になります。
こちらは円柱スタイルのとても大きなドラムが回転しつつゴミを積みます。
プレス式、あるいは回転版式とは異なって圧する力が弱いことから、ゴミを積みあげる量は少ないといった留意点はありますが、ドラム部分が回転していますので、ゴミを続けて挿入することが出来ます。


パッカー車に関しては小型、中型それから、大型に至るまでの大きさが準備されていますが、小型でも1000袋分のゴミ袋を積めます。
砕いたり、圧したりして潰すことを通して、元々の形よりもゴミをコンパクトに出来ることから、おおむね2トン位のゴミを積み込めます。
以上のように便利性が非常に高いため、業務に関しても少ない人数で実行する事が不可能ではありません。
業務に関しては公務員あるいは、エリア内の民間業者の社員が実施します。

パッカーで実行される業務について

あらためていうまでもなく、業務を実行する上で、回転版に対しての巻き込まれアクシデントなどに気をつける必要があります。
収集のための必要な作業は一人では行わず、予防措置として必須条件としてふたり以上で敢行することが取り決められています。
そうした特徴のある車両を取り扱う業務のため、留意しなければならないことはありますが、きちんと予防措置をした上で業務に就くことを通して安定的な仕事が出来るのが、パッカー車を活用する業務でしょう。

人気記事ランキング