パッカー車の主な役割について

パッカー車の種類と特長について

パッカー車の発祥及びメカニズム

パッカー車はゴミ収集車を意味します

パッカー車と呼ばれているのはいわゆるゴミ収集車を意味します。
毎朝、出勤途中などでゴミ収集しているシーンを見ると考えられます。
様々な名前で言い表される特殊車両で、日本に於いては後方側よりゴミを叩き込み回転する板を利用することによって圧する機械式が一番多いといえます。
そして、日々の生活を支えているので、しっかりと理解することは大切になります。

パッカー車の言葉のルーツについて

パッカー車と聞かされて、まず第一に感じられるのがパッカーが何語であるのかという事になります。
英語の様にも感じられるのですが、諸説あります。
英語のpackの詰め込むが言葉のルーツというのが有力ですが、アメリカ合衆国では、このように呼びませんし、収集の状態から判断しても詰め込むより放り込むのほうがふさわしい印象があります。
また、戦後の再建時に進駐軍が持参したpaccarというアメリカ合衆国のトラック製造メーカーから来たという情報が存在します。

パッカー車のメカニズムの主な種類

パッカー車のメカニズムには大まかに分けると3タイプあります。
プレス式それから、回転板式、さらにロータリー式になります。
これらのうちロータリー式につきましては積載する能力が多くないので見る事は限られるので、プレス式及び回転板式が重要になります。
プレス式に関しては一枚の圧縮に適した鉄板を利用することによって投入口へと送り込まれたゴミを圧しつつ、回してより一層押しつぶしつつ荷台の奥深いところに押し込みます。
3タイプの中で最も圧縮力が高いとされます。
回転板式につきましては圧縮向けと押し込みに適した2枚の板を持っており、ゴミを圧縮に適した鉄板を利用することによって取り込みつつ圧し、とても大きな鉄板を利用することによって荷台の奥深いところに押し込みます。
プレス式と照らし合わせると少し圧縮力は低いといえます。
回収したゴミは処分場で出すことになりますが、荷台内にある押し出し板を利用することによって出す種類と荷台がダンプカーと同じ様に上がる種類があります。
ゴミを次から次へと叩き入れていくパッカーの車に関してですが、一体どれだけゴミを積み上げることが可能なのかが気になるところです。
架装されているトラックに関しては2トン及び4トンのトラックになります。
2トンにあたっては1トンから1.5トン程度になり、それ以上ゴミが積むと過積載になります。
加えて、処分場においては、過積載であると行政指導が入ります。
これに関しては、法規違反という面もありますが、排出手段が荷台が上がる種類だった場合に、バランスが失われてピットに対して転落してしまう可能性が考えられるため厳しく規制されています。

人気記事ランキング